借金問題をオーダーメイド解決致します
HOME>用語解説

みなし弁済とは?

みなし弁済とは
みなし弁済とはのイメージ写真

旧貸金業法43条は利息制限法違反の超過利息であっても、貸金業者が一定の要件を満たした上で、債務者が任意に超過利息を支払うのであれば有効という例外規定を定めていました。
これを「みなし弁済」といいます。
貸金業者は、グレーゾーン金利が有効であることの証明として、みなし弁済を主張していました。

貸金業者との攻防

平成18年1月13日最高裁判決は、
「期限の利益喪失約款(支払が遅れると、残りすべての借金を一度に損害金を付けて、返させる約款)がついた特約は、借り手に高利を事実上強制するもので、超過利息は受領できない。」
と判示しました。

要するに、任意に支払ったものとは認められないので、みなし弁済は成立しないとされ、ほぼ、この攻防には終止符が打たれました。

問い合わせ
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。