借金問題をオーダーメイド解決致します
HOME>用語解説

グレーゾーンとは?

グレーゾーンとは
グレーゾーンとはのイメージ写真

利息制限法の制限利率(15から20%)と出資法の制限利(29.2%)の間の利息帯のことを指します。

利息制限法の制限利率を超える利率は、民事上は無効です。
例えば、利息制限法制限利率を超える利率の抵当権を設定しても、制限利率内に引き直さなければ、登記はできません。

しかし、刑事罰の対象とはなりませんでした。
そこで、ほとんどの貸金業者は、グレーゾーン内に利率を設定し、大きな利益をあげていました。

引き直し計算

改正貸金業法の施行

貸金業法の成立により、グレーゾーン金利が廃止され、貸金業者は、事業形態の見直しを迫られています。

平成22年6月に改正貸金業法が完全施行される予定です。
これにより、利息の上限が引き下げられ、総量規制が導入されるため、貸金業者は施行の延期を求めています。

問い合わせ
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。