借金問題をオーダーメイド解決致します
HOME>よくあるご質問

よくあるご質問

債務整理を依頼するお金がありません。どうすればいいでしょうか?
当事務所では、債務整理の場合、着手金をいただいておりません。 過払い金が、ある程度あれば、過払い金で清算することができます。
過払い金もなく、任意整理、破産などの場合の費用は、分割でお支払いいただくことも可能です。また、法テラスがご利用可能な場合(一定の条件があります。)、法テラスで、司法書士報酬を立替えてもらうこともできます。
債務整理を依頼すると今月から返済はどうすればいいでしょうか?
債務整理をご依頼していただき、当方が受任した場合、即日、相手方に受任を通知しますので、返済をストップしてください。
相手方との交渉で、支払い額・分割回数などが確定しました後に、支払いを再開していただきます。
そもそも債務整理を依頼した場合、何をして頂けるでしょうか?
まず、相手方業者に、これまでのお取引の履歴を開示するように請求します。 それをもとに、当方で、法定利率で計算し直し、どれだけ残元金があるか、あるいは、過払い金があるかを確定します。 その後、残元金がある場合は分割での弁済を、過払い金がある場合は過払い金の返還を交渉いたします。
債務整理をすると、もう消費者金融でお金は借りられなくなるのでしょうか?
債務整理をしても、過払い金がある場合には、信用情報に記載されなくなりました。過払い状態場合は、他の消費者金融からは、お金を借りられるはずです。
残元金が残る場合は、信用情報に記載されるため、消費者金融からお金を借りられなくなる可能性があります。ただし、この情報は返済後数年で、消去されるといわれていますので、その後は借りることが可能と思われます。債務整理をしなくても、返済を何回か滞納して催促されている場合は、すでに何らかの情報が記載されている可能性がありますので、注意してください。また、総量規制の関係で、新たな借り入れができなくなる場合もありますので、要注意です。
債務整理の所要期間はどのくらいでしょうか?
受任してから、取引履歴が開示されるまでに2から3週間かかります。
さらに、 残元金があり、分割弁済の交渉の場合は、2から3週間。 過払いがあって、和解でのみで解決する場合は、2から3週間。 過払いがあって、訴訟を行う場合は、数カ月。相手が控訴してくる場合は、半年以上かかることもあります。 また、過払いの場合、和解が成立してから実際にお金が支払われるまでに、4カ月ぐらいかかっているのが現状です。
過払い金が発生するのはどのような場合ですか?
利息制限法で定められた利率以上の利息(グレーゾーン利息)を長期にわたって支払っていた場合に、本来支払う必要のなかったグレーゾーン利息がすでに借金の元金以上になっていることがあります。その場合、借金を帳消しにした残りの金額を返してもらうことができます。これが、過払い金です。
認定された司法書士と弁護士に依頼する場合、債務整理のどこに違いがありますか?
司法書士の訴訟代理権は、訴額が140万円以下ので、簡易裁判所管轄の事件に限られています。したがって、140万円をこえる(利息を除く。)の過払いの場合は、司法書士が代理人となることはできません。ただし、本人訴訟の支援という方法は、可能です。
また、自己破産、個人民事再生についても、司法書士の場合は、代理人ではなく書類作成支援ということになります。
140万円を超過する過払い金が期待できるのですが、認定司法書士に依頼して回収して頂くことは可能ですか?
140万円を超える(利息を除く。)の過払いの場合は、司法書士が代理人となることはできません。
ただし、訴状を書くことはできますので、司法書士が訴状や準備書面を書き、御本人の本人訴訟という形でのご支援は可能です。実際に、本人訴訟で過払い金を取り戻されている方も、数多くおられます。
破産する際のデメリットを簡単に教えてください
破産をすると、官報という国の発行する機関誌に掲載されます。ただし、一般の方の目に留まることは、まずありません。また、信用情報に一定の情報が記載されますので、しばらくの間は新たな融資を受けることができなくなります。おおよそ7年ほどといわれています。
また、一定の資格制限があります。主な資格として、警備員や保険の外交員などがあります。ただし、資格制限があるのは、破産の手続きが終わるまでの比較的短い期間です。
破産と民事再生の大きな違いを簡単に教えてください
破産は、借金をゼロにする手続きであるのに対し、民事再生は借金をおおよそ5分の1に縮減して分割弁済していく手続きです。
破産の場合、借金をゼロにするといっても、借金を作った原因がギャンブルなどの場合には非免責債事由として、借金がゼロにされない可能性があります。民事再生の場合は非免責事由は問題になりませんが、一定の収入があることなど、要件を満たさなければ利用できません。
問い合わせ
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。