借金問題をオーダーメイド解決致します
HOME>過払い金返還請求

過払い金返還請求

過払い金についてのイメージ写真

過払い金とは、簡単に言うと「払いすぎたお金」のことです。消費者金融などのキャッシングには金利が20%を超えるものがあり、負担の重い契約内容となっている事があります。こういった高金利は、法律に定められた利息を超えており、その利息については「払いすぎたから返してほしい」と言えるのです。これが過払い金です。

利息制限法を超過して返済した金額を不当利得として、債権者から返還を受けることが可能です。単純な事例でいえば、年利28%で100万円を借りて、1年後に元利128万円を返済した場合、利息制限法15%を超過する13万円の返還が可能になるというものです。
過払い金とは結局利息制限法で定められた金利よりも多く利息を払いすぎているのでその分を返してもらうという事です。当然ながら高い金利で借りている方が過払い金が多く返ってきますし、長く利用している方が過払い金が多く帰ってきます。
借り方返し方によっても過払い金の額が変わってきます。最初借入れして後は返済だけというと過払い金の額が大きくなりますが、返した後すぐ借りると過払い額は大きくはなりません。完済している取引を思い出してください。この場合約定金利が一般的に18%以上であれば過払いです。

ただ、10年以上前に完済ですと消滅時効で過払い金が請求できないこともあります。最近は貸金業者のほうも過払い請求、債務者の任意整理、破産、個人再生が多くなっているため、資金繰りが苦しくなり、過払いを多く回収する事が難しくなっております。

1 介入手続き

各債権者に対して司法書士が介入した旨を通知し、請求・取り立て等を停止するよう申し入れます。

2 債務調査・再計算

貸金業者からこれまでの借入と返済の明細(履歴)を取り寄せて、場合により利息制限法による再計算を行います。

3 和解交渉・和解契約

過払い金の回収は、交渉によって実現することもできますが、債権者との主張額に相違があり和解が困難な場合は、ご本人と相談の上、債権者に対して訴訟する場合もあります。
また、訴訟提起前の和解に応じない業者も多いため、その場合、早めに訴訟に踏み切った方が早期に有利な選択を図ることができます。

4 返金

上記和解契約等に基づき、原則として、債権者から当事務所に振り込みによる返金を受け、費用等差し引いてご本人に返金致します。

問い合わせ
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。